デリヘル遊びが好きな郵便局員の郵便局を大いに活用する方法や役立つ裏技をこっそりと教えてしまいます。

デリヘル大好き郵便局員のポストマン事情

*

デリヘル嬢が利用する郵便局の裏技

金髪デリヘル嬢、ワタシ日本語ニガテヨ?でも問題ない

投稿日:2015年11月10日 更新日:

久々に郵便局の裏技というか活用法について書きたいと思います。

全国のポストマンファンの皆様お待たせいたしましたw

日本語は話せるのに、文章にするとどうも苦手って方いらっしゃいますよね?
むしろ多いですよねw

デリヘル嬢の子にも多いのですよね、接客している時にうまく会話のキャッチボールができていない子とかは

文章に起こしてもやっぱり日本語がおかしい。

電子メールや携帯・スマホでのメールが普及している昨今だと尚更。

かといってどうしても手書きで文章を出さなきゃいけないときとか、目上の方に向けて文章を書かなきゃいけないときなんかにも有効かと思います。

金髪デリヘル嬢、ワタシ日本語ニガテヨ?でも問題ない

いざ書いてみると筆が進みませんからね

日本郵政のホームページ内にある「レターなび」

実はこいつ、結構優れものなんですよ。

普段手紙なんて書かない人でも、かなり細かくシチュエーションが設定されていてたくさんの文例が乗っているんです。自分の書きたい内容に合わせてフォーマットを探し出せれば、あとはコピーするだけ。

あ、でも「○○様」ってなってるところはちゃんと相手のお名前を書いてあげてくださいね?

ビジネス用の畏まったものや、プライベートと季節のあいさつなど・・・

300オーバーと数が凄まじいです(笑)

しかも、手紙を書くときのポイントまで親切丁寧に教えてくれる。

さすがにこの歳になって、手紙の1つや2つ自力で書けないと小学生の親戚の子に笑われかねない。

非常にありがたいサービス。

しかも、無料。

これは時期をみて、年賀状や暑中見舞いになんか使えるんじゃないでしょうか?

お歳暮に一言添えてみるとか普段お世話になっている取引先には、「取引先の皆様」という括りよりも『取引先の皆様のなかの○○さん』という印象づけってとても大切だと思うのです。

一度覗いてみる価値はあるかもしれませんね?

ただし、日本語が読み書きできる人に限りますけどね(笑)

見事なスタイルの六本木や赤坂にいる外国人デリヘルは凄いんですw

-デリヘル嬢が利用する郵便局の裏技

Copyright© デリヘル大好き郵便局員のポストマン事情 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.